HOME » 重篤化の危険も!?肝臓疾患「肝炎」の種類 » 知っておきたい「NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)」のすべて
6Hepatitis

NAFLD
(非アルコール性脂肪性肝疾患)

肥満や運動不足が原因の脂肪肝

肝細胞に脂肪が30%以上蓄積されてしまうと「脂肪肝」となり、さまざまな肝疾患を引き起こす原因に。脂肪肝は主に食べすぎやアルコールの飲み過ぎが原因で発症しますが、アルコールを飲み過ぎなくても発症してしまうのが「NAFLD(非アルコール性脂肪肝疾患)」です。

NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)とは

アルコールを飲まなくても発症する肝疾患

食生活が欧米化したことによるカロリーの過剰摂取や運動不足などにより、お酒をあまり飲んでいなくても肝疾患にかかってしまうことをNAFLD(ナッフルディー)、非アルコール性脂肪肝疾患と言います。

NAFLDは、ウィルス性・アルコール性を要因としない肝疾患の総称です。

アルコールが原因ではないとする基準はアルコール摂取量が、男性であれば1日30g、週に210g以下。女性であれば1日20g、週に140g以下となっています。およそ、日本酒1~1.5号、ビールであれば500ml(アルコール5%)が1~1.5本程度。NAFLDは主に、「肥満」「糖尿病」「脂質異常症」によってダメージを受けることで炎症を伴わない「非アルコール性脂肪肝(NAFL)」とその状態からさらに進行して炎症が起きる「非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)」の2つに分けられます。

参考-「脂肪肝/NAFLD/NASH」一般社団法人 日本生活習慣病予防協会

http://www.seikatsusyukanbyo.com/guide/fatty-liver.php

Cause

NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)の原因

Check!
 

肥満

NAFLDを発症する大きな要因である肥満。通常、脂肪は肝機能によって体のエネルギー源に変換され、全身へ送られます。しかし、カロリーの過剰摂取や運動不足などによって肥満になると内臓脂肪が増加。大量の脂質が肝臓へ送られ、エネルギーとして変換できなかった分が肝細胞に蓄積されます。肝細胞に蓄積された脂質が30%を超えるとNAFLとなり、さらに進行することでNASHへ。最終的には肝硬変や肝細胞がんを引き起こします。

インスリン抵抗性

生命活動のエネルギーとなるブドウ糖の吸収・蓄積を上手にコントロールしてくれるインスリン。肝臓や筋肉、脂肪細胞において、インスリンが正常に働かなくなってしまうことをインスリン抵抗性と言います。肝臓や筋肉が血液中のブドウ糖を吸収できなくなると血糖値が下がらず、高血糖に。NAFLDの要因の一つである2型糖尿病が発病しやすくなってしまいます。

型糖尿病

糖尿病は、すい臓のβ細胞が壊れて、エネルギーの源であるブドウ糖をコントロールするインスリンが作り出せなくなる「1型糖尿病」とすい臓が作るインスリンの量が減る・インスリンが上手く機能しなくなる「2型糖尿病」にわかれます。中でも2型糖尿病のインスリン作用不足は高血糖を引き起こし、NAFLDを発症する要因に。NAFLDを発症することで2型糖尿病になることもあり、生活習慣病による疾患として同列に表現される場合もあります。

脂質異常症

脂質異常症とは、血液中に含まれる中性脂肪やコレステロールが基準値よりも高くなり血液がドロドロになってしまう状態のこと。中性脂肪はエネルギーとして使用されるため、分解されて皮下脂肪や内臓に蓄積されます。

脂質異常症による過剰な脂質が内蔵から肝臓に運ばれてくると、肝臓は脂質代謝異常を起こし肝細胞内に脂肪が蓄積。その結果NAFLとなり、肝臓に蓄積された脂肪が肥大化して炎症を起こすことでNASHに進行します。

酸化ストレス

体内に取り込まれる酸素の一部は、「活性酸素」に変換されます。活性酸素は、一定量であれば体を守る働きがありますが、乱れた食生活や肥満によって過剰分泌されると体内を酸化させ、有害な影響を与える要因に。体内が酸化すると肝機能に多大な「酸化ストレス」が与えられ、脂肪の蓄積や炎症が起こりやすくなってしまいます。

 

NAFLD
(非アルコール性脂肪性肝疾患)の種類

NAFL(非アルコール性脂肪肝)

アルコールを原因としない脂肪肝をNAFL(非アルコール性脂肪肝)といいます。

その主な要因となるのは、生活習慣の乱れによる肥満やインスリン作用不足による2型糖尿病など。

肥満は高血糖や酸化ストレスを引き起こして肝臓に脂肪がつきやすい状態を作り、インスリン作用不足による糖尿病の場合も、インスリン抵抗性によって脂肪がうまく利用されずに脂肪が肝臓に蓄積されやすい状態になってしまいます。インスリンの作用不足は過剰な運動によっても起こる場合があるので、痩せているからといって安心はできません。他にも薬の副作用や循環障害、妊娠によって非アルコール性脂肪肝になることもあります。

NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)

肥満や糖尿病などの生活習慣病を要因とするNAFL(非アルコール性脂肪肝)がさらに進行した状態がNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)です。肝細胞が急激に破壊されて肝機能に障害や炎症が生じます。NAFLと同様に主な症状はなく進行が進み、気づいた時には他の病気を発症してしまう場合が多いのです。

NAFLからNASHへの進行が疑われる場合、レントゲンや血液検査だけでは肝炎になっているかの判断が難しいため、肝臓の一部を採取して検査する「肝生検」が必要になります。

SymptomBad!

NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)の症状

自覚症状はなし!日頃の検診が重要に

NAFLDを発症した人の一部には倦怠感や肝臓のある上腹部の不快感、睡眠障害があったようですが、ほとんどの場合、特定の症状が出ることはありません。

基本的に肝臓は再生能力と代償能力に優れており、ある程度の障害が起きても残った細胞によって機能を維持することが可能です。一定のダメージを受けて「肝不全」にならない限り機能し続けます。

そのため、気づいた時には病状が進行している場合が多く、手遅れになることも。日頃から定期的な検診を受けて肝臓の数値を把握しておくことが大切です。

Prevention Improvement

NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)の予防・改善

食事療法

NAFLDは肥満による内臓脂肪の増加が大きな要因となるため、内臓脂肪を減らすことが重要です。食事療法では1日に摂取するカロリーを制限する、朝・昼・晩と毎日3食規則正しい食生活を心がけるなどが推奨されます。食事内容については一人ひとりの状況や状態によって異なりますが、一般的な適正量を心がけたり、低脂肪食を中心にしたりすることでNAFLDを改善することが可能です。

運動療法

運動療法では肥満により過剰に蓄積された内臓脂肪をエネルギーとして利用させることが目的として行います。週に3~4回は、ウォーキングやジョギングといった有酸素運動を30~60分程度行いましょう。無理なく継続して行うことが大切です。

適切な食事と運動を心がけることで、肥満だけでなくインスリン抵抗性を改善することもできます。