HOME » 肝機能の低下によって起こる身体への影響 » 肝臓の不調が引き起こす肌トラブル

Rough skin肝機能と肌荒れ

肝機能の低下が肌トラブルの原因に

肌の手入れを毎日欠かさず行っていても、肝機能が低下しているとシミやニキビ、肌荒れ、くすみなどの肌トラブルが起きてしまいます。なぜ肝臓の不調が肌トラブルにつながるのでしょうか?こちらで詳しく説明いたします。

肝機能の説明

代謝機能

食事から摂取した栄養を様々な栄養素やエネルギーに変換する働きのこと。たとえば、透明感のある肌を作る肌色メラニンの生成を促すための「グルタチオン」を作り出します。

解毒機能

老廃物や添加物など、体に有害な物質を無毒化させる働きのこと。アルコールやニコチン、疲労物質のアンモニアを無毒化します。

胆汁の生成や分泌

老廃物を体外に排出させる働きや、脂肪の消化・吸収を手助けする胆汁の生成・分泌を行います。

Relation

肝機能とお肌の関係

Check!

 

肝臓で処理しきれないビリルビン

肝機能が低下すると、肌が黄ばんでしまうことがあります。これは「ビリルビン」と呼ばれる色素が血液中に流れてしまうためです。ビリルビンとは、古くなった赤血球が分解される際に作られる黄色い色素のこと。肝臓は、このビリルビンを水に溶けやすく変化させ、排出を手助けする役割を持っています。しかし、肝機能が低下していると変化させきれず、体外へ排出できずに血液中に流れてしまうのです。血色が悪くなるため、肌が黄ばみ、くすんで見えるようになってしまいます。

便秘も関係あり!血中の不純物増加

肝臓の不調による解毒機能の低下は、ニキビや肌荒れの原因になります。たとえば、お酒を飲みすぎた翌日、肌が荒れて化粧ノリが悪いと感じたことはありませんか?大量のアルコールを分解するためには、肝臓に大きな負担がかかります。そのため肝機能が低下して有害物質を無毒化しきれず、老廃物や有害物質が不純物として血液中に流れてしまうのです。血中に有害物質が流れると、肌荒れやくすみなどの肌トラブルを引き起こします。また、血中に不純物が増える原因の1つが便秘です。便秘は腸内環境の乱れを引き起こし、悪玉菌を繁殖させてしまいます。この悪玉菌が出した有害なガスが不純物として血中に流れてしまうのです。血流に乗って運ばれた有害なガスを分解するために、また肝臓へ負担がかかります。

グルタチオン濃度

グルタチオンとは美しい肌を作るために欠かせない成分のことです。肌の色は「黒色メラニン」と「肌色メラニン」と呼ばれる2つのメラニン色素の量によって決められています。黒色メラニンは紫外線を浴びることで増えてしまう色素で、肌を黒くしたり、シミのもとになったりするもの。肌色メラニンは白く透明感のある肌を作る色素のことをいいます。グルタチオンは黒色メラニンの増殖を抑え、肌色メラニンの生成を増やす働きを持つ成分です。グルタチオンは肝臓で多く作られています。肝臓の代謝機能が落ちてしまうと、必要なエネルギーや栄養素を生成できず、グルタチオンを作ることができません。そのため、グルタチオン濃度がどんどん下がり、くすみやシミなどの肌トラブルを起こしてしまいます。透明感のある美しい肌を保つためには、肝機能を正常に働かせ、グルタチオン濃度を上げることが重要です。
 
improve

肌トラブルの改善方法

 

肝機能が原因で起こる肌トラブルは、スキンケアだけでは改善できません。肝機能を低下させない生活を心がけましょう。

睡眠

起きている間、肝臓はずっと働き続けています。睡眠時間が減るということは、肝臓が休息する時間も減ってしまうということです。睡眠不足は肝機能の低下だけでなく、集中力の低下や免疫力の低下など、さまざまな不調を引き起こします。普段から睡眠時間は十分に確保するようにしましょう。

ストレス

ストレスが溜まっている状態では、交感神経が優位に立っています。臓器のコントロールは副交感神経の役割です。そのため、交感神経優位の状態が続くと、血行不良が起こるなど、肝臓の機能が低下してしまいます。また、ストレスが免疫力を低下させ、肝炎ウイルスを活発にしてしまうという報告もあります。自分なりの解消法を持つなどして、ストレスフリーな生活を目指しましょう。

運動

運動不足の生活を続けていると筋肉が凝り固まり、血行不良になります。血液がよどみ、汚れれば、それを浄化する肝臓に負担がかかってしまうのです。ただし、激しい運動はアンモニアを発生させ、肝臓の仕事を増やすリスクもあります。無理はせず、適度な運動を習慣づけましょう。

禁煙

タバコに含まれるニコチンやタールの分解も肝臓の仕事です。喫煙が多ければ肝臓の仕事量も増えてしまいます。さらに、タバコにはビタミンCを破壊し、くすみを引き起こすというデメリットもあります。
 
cure

肌トラブルの治療方法

 

肝臓に負担をかける生活をしていれば、肌もくすみやシワなどの肌トラブルを引き起こします。肌が荒れてしまったときはもちろん、日ごろから肝臓にやさしい行動を心がけましょう。

肝臓への負担を減らす

なにより大切なのは、肝臓への負担を減らし、肝臓を元気な状態に保つことです。以下に心当たりがある方は、すぐに改善しましょう。
  1. ・暴飲暴食
  2. ・毎日多量のアルコールを摂取する
  3. ・運動不足
  4. ・ストレスをため込む
  5. ・便秘
特に添加物の多いインスタント食品や、揚げ物など油っこい食事は、肝臓への負担が大きいです。大量に摂ると肝臓が疲弊し、働きが弱まってしまいます。アルコールも肝臓に負担をかけやすいため、飲み会によく参加する方は注意しましょう。

肝臓に良い栄養素を摂る

肝臓を働かせすぎないこととあわせて、肝臓の機能を高める栄養素を摂ることも大事です。ビタミンやミネラルは肝臓の代謝・解毒機能を担う酵素の働きを助けます。タンパク質は肝細胞の修復に役立つ栄養素です。これらを豊富に含む緑黄色野菜やキノコ、大豆、魚などを積極的に取り入れましょう。
しかし、必要な栄養素や食品は多岐にわたり、バランスよく食べるのは難しいものです。特にタンパク質は摂りすぎると太ってしまうこともあります。無理に食事で補うのではなく、不足しがちなものはサプリメントで摂る方法も有効です。
 
Prevention Improvement

肝臓美人は肌美人!健康な肝臓を保とう

透明感のある美肌を作るためには、肝機能を正常に保つことが必要不可欠です。バランスの良い食事と適度な運動で肝機能は改善されます。

しかし、仕事などで忙しい方は、健康的な生活を毎日続けるのは少し難しいかもしれません。そんなときはサプリメントや健康食品で補うのがおすすめです。肝臓を健康に保ち、素肌美人を目指しましょう。