HOME » 疲労した肝臓をいたわるために知っておきたいこと » 肝機能低下の恐れあり!手掌紅斑って?
Rational symptom

手掌紅斑

肝機能低下のサイン?手掌紅斑とは

手のひらの周りに赤い斑点が現れた場合、それは「手掌紅斑」の可能性があります。手掌紅斑は肝臓機能が低下しているときに現れる症状のひとつ。目視で斑点を確認する以外に、痛みやかゆみなどの自覚症状がなく、気づくまでに時間がかかることも。ここでは、手掌紅斑の症状や原因、関連する病気などをご紹介します。

手掌紅斑の症状

手掌紅斑は手のひらに斑点のような赤みがでる症状を指します。手のひらと言っても全体が赤くなるのではなく、親指や小指の付け根(母指球、子指球)の膨らんだ部分のみ。つまり、手のひらの外周部分が赤くなります。反対に中心部分は白っぽくなるので、見極める目安にすると良いでしょう。手掌紅斑において全体的に赤くなることはほとんどないようです。

紅斑の特徴である「圧迫すると消える」症状が見られ、圧迫をやめると、すぐに赤身が戻ります。「クモ状血管拡張」という、首や上腕などにクモの巣状の毛細血管が浮き出る症状を伴うこともあるそうです。

手掌紅斑は痛みやかゆみがないのが一般的で、自覚症状はありません。痛み・かゆみを伴う場合は、手掌紅斑ではなく他の病気の可能性が高いでしょう。

手掌紅斑の原因

原因としてよく挙げられるのは「肝臓機能の低下」です。手掌紅斑の直接的な原因は血中に含まれるエストロゲン値の上昇にあります。エストロゲンは卵胞ホルモンや女性ホルモンと呼ばれる、ホルモンの一種。女性の成長期に乳腺や骨盤を発達させるだけでなく、「血管の収縮を制御する働き」を持ちます。このエストロゲンが正常な働きをできるのは、肝臓のおかげ。肝臓は体内のホルモンバランスを保つための重要な役割を担っています。そのため、肝臓不具合を起すとエストロゲンが分解されず、ホルモン濃度が上昇。その結果、エストロゲンがもつ「拡張作用」により手のひらの毛細血管が拡張するのです。

女性の場合、妊娠するとエストロゲンの分泌量が増え、手掌紅斑が発症することがあるようです。手掌紅斑の原因は基本的に「肝臓機能の低下」「妊娠」このどちらかと考えて良いでしょう。

手掌紅斑から考えられる病気

肝臓機能の病気だと「肝炎」や「肝硬変」があげられます。

肝炎はアルコールを摂り過ぎたり、ウイルスによって肝臓が炎症を起こすことを指します。ウイルス性肝炎だとB型肝炎やC型肝炎、アルコールによるものだとアルコール性肝炎が代表的です。

肝硬変は、文字通り「肝臓が固く変化する」病気。肝炎が慢性化し肝機能障害が進んだ「末期の症状」です。肝細胞が壊死するだけでなく、肝臓は収縮して硬くなり、肝臓は本来の働きを失ってしまいます。

肝炎と肝硬変のどちらにしても、肝臓の機能が低下し、余分なホルモンを分解する力が低下。その結果エストロゲン値が上がり、手掌紅斑の発症へつながっているのです。

その他同じ症状が出る病気

手掌紅斑と似た病気に「手足口病」「多型滲出性紅斑」「手湿疹」「寒冷蕁麻疹」などがあげられます。

手足口病は手掌紅斑と良く似た症状。手のひらの外側部分に発症する手掌紅斑に対して、手足口病は手のひら全体に水泡性の発疹が現れます。ですが、こちらは手のひらに限らず口内・足の裏や甲にも湿疹がでるほか、発熱を伴うこともあるようです。

多型滲出性紅斑は、紅斑が手のひらだけでなく足にも発症。左右対称のケースがほとんどで、多少のかゆみを伴います。

手湿疹は手掌紅斑と同様「手」に現れる紅斑。触れた物質の刺激・アレルギーによる皮膚炎です。原因の多くは水仕事で皮脂や角質が落ちてしまうこと。発症が主婦に多く見られることから別名「主婦湿疹」と言われています。

寒冷蕁麻疹は、皮膚旧な冷えが原因で起こる蕁麻疹のことです。皮膚の血管を拡張させ、皮膚が盛り上がったり、むくんだりします。強いかゆみを感じることも多い病気です。

症状が見られたときは?

手のひらに赤い斑点が出た場合は、肝臓の病気である可能性を視野に入れ、病院(皮膚科や内科)できちんと検査を受けることが重要。血液検査や肝臓エコー検査を通して調べてくれます。肝臓は「沈黙の臓器」といわれていて、不具合を起していてもなかなか症状が現れないもの。すぐに受診しましょう。特に手掌紅斑は痛みやかゆみがないので「しばらく様子を見てみよう」という判断をしてしまいがちです。自己判断せず、検査を受けましょう。